代表者挨拶

弊社は、1947年に阪村芳一が大阪の地で線材加工機のメーカーとして創業し、1959年に阪村機械製作所を設立いたしました。以来、フォーマー 及び ねじ転造機を作り続けております。
設立以来、いろいろな地域、需要にお応えすべく分社を行い、現在サカムラグループは11社となっており、各社それぞれの分野で成長を続けております。
「サカムラ」ブランド、それはお客様からの信頼の証しでもあります。
経営理念にありますように、顧客第一主義に徹し、パフォーマンスNo.1の塑性加工技術を追求すると共に、No.1の顧客サービスを追求しております。
お客様にお応えし、お客様の信用・信頼を基に企業は維持・発展できるものと考えます。それには、社員・協力会社・地域社会を含めたすべての方々との信頼関係が基本となります。
今後もあらゆる方々の信頼を得るべく、我々サカムラは努力してまいります。
2015年1月
株式会社阪村機械製作所
代表取締役社長 代表取締役 中野孝之
Takayuki Nakano