Part Former

PFシリーズ

3~7段 圧造力最大
11,000kN
切断径最大
ɸ51mm
切断長最大
300mm
KO量最大
360mm
  • 特徴
  • 技術
  • 仕様
  • PFシリーズは、3~7段式まで用途に合わせて各種タイプが開発されています。
    3段式は、主にフォーマーやプレスの前ブランクの生産に活用されています。最近は、機械芯高を低く設定して、ステップ台を排除したコンパクトな省スペースタイプも開発されています。
    ご要望により、亜熱間仕様、温間仕様にも対応できます。
  • ステンレス材を加工するには温間鍛造が適しています。
    温間鍛造は素材を300~750℃に加熱してから加工する鍛造ですが、温間フォーマーでは、通常200~600℃付近で行われています。
    サカムラフォーマーは、インダクションヒーターを装備して、温間仕様にすることが可能です。
    温間仕様フォーマーThumbnail
    フォーマーは、内部に切断機構を持っており、コイル材やバー材を切断して中間在庫を持つことなく即成形できるのが特徴ですが、スラグ材の供給も可能です。
    スラグフィードシステムThumnail
    CSチャックは、任意の工程にセットできるカセット式チャックです。
    チャック爪が上昇して大きく開くので、オープンアプセット径、チャッククリア径が従来と比べて大きく設定できます。
    グリップ力も従来のチャックよりアップしているので、安定した搬送が行えます。
    また、チャックの芯出し調整がしやすいことも大きなメリットとなっています。
    te04-02CS_chack_thum
    ユーザー様から寄せられる最近のご要望として、フォーマーのコンパクト化があります。
    PF-625SS型機の事例では、体積比で22%減少となっています。
    ステップ台レスフォーマー
  • 機種 段数
    (段)
    切断径×長さ
    (ɸmm×mmL)
    KO量
    (mm)
    圧造圧力
    (kN)
    生産数
    (min-1
    PF-520SS 5 10×25 30 400 250
    PF-525SS 5 15×30 35 800 220
    PF-530SS 5 18×40 60 1,100 200
    PF-540SS 5 23×50 70 2,000 160
    PF-550SS 5 27×70 100 2,600 120
    PF-560SS 5 33×70 100 4,000 90
    PF-570SS 5 34×130 145 6,000 80
    PF-580SS 5 44×150 200 8,000 60
    PF-590SS 5 51×150 150 10,000 60
    PF-620SS 6 10×25 30 600 230
    PF-625SS 6 15×30 35 800 220
    PF-630SS 6 18×50 60 1,200 180
    PF-640SS 6 23×50 70 2,200 150
    PF-650SS 6 27×70 100 3,000 120
    PF-660SS 6 33×70 80 4,500 80
    PF-670SS 6 34×130 145 6,000 70
    PF-680SS 6 44×150 200 9,000 60
    PF-725SSL 7 15×30 70 1,000 170
    PF-730SSL 7 18×40 90 1,400 150
    PF-755SSL 7 32×70 120 3,200 100
    PF-3150 3 41×100 120 8,000 60
    PF-4315 4 50×300 360 11,000 50
    ※上記仕様は、予告なく変更することがあります。