Hot Part Former

HPFシリーズ

4段 圧造力最大
8,000kN
切断径最大
ɸ60mm
製品径最大
ɸ105mm
製品高さ最大
70mm
  • 特徴
  • 技術
  • 仕様
  • 切断工程と、4ステーションの圧造工程(#1:オープンアプセット #2:成形(予備成形) #3:内外輪分離(成形) #4:孔抜き)を備えたフォーマーです。
    HPFシリーズは、シンプルなストリッパープレートでベアリングの内外輪を分離します。
    また、予備成形を取り入れた、より複雑な形状の自動車パーツの生産に利用されています。
  • ATBC(Auto Tool Block Changer)型段替えロボットは、ダイ・パンチの油圧ロックシステムを解除して、約5分でダイブロック、パンチブロックを自動交換します。
    圧造部から搬送されたダイ・パンチブロックは、外段取り装置にセットして、次期生産に備えてセットアップを行います。
    te03-07ATBC_thum
    バー材供給中にフォーマーが停止した場合など、機内にバー材が取り残されることがあります。
    残材除去システムは、ストッパーに内蔵されたシリンダーロッドにより、残材を簡単に機外に排出することができます。
    te03-06rest_mateial_clean_thum
  • 機種 段数
    (段)
    切断径×長さ
    (ɸmm×mmL)
    KO量
    (mm)
    圧造圧力
    (kN)
    生産数
    (min-1)
    HPF-80 4 34×60 50 2,000 170
    HPF-100 4 40×70 60 3,500 140
    HPF-120 4 45×70 65 3,800 120
    HPF-160 4 60×110 80 8,000 100
    ※上記仕様は、予告なく変更することがあります。