Sakamura Special Rolling

SSRシリーズ

転造径最大
ɸ36mm
転造量最大
402kN
  • 特徴
  • 技術
  • 仕様
  • SSRシリーズは、1,500台以上の納入実績を誇る高性能ねじ転造ロータリーローリングです。
    SSRタイプの特長は、調整が簡単で生産性が高く、またねじ精度が平ダイス式よりも精密で多種生産にも適している点です。
    オプションとの組み合わせにより、さらに広範囲なねじ 及び 特殊転造加工が行えます。
  • SSR型ロータリーローリング機は、フォーマーとのライン化が可能です。
    フォーマーから排出されたワークをスライドコンベアやパーツフィーダーを介してローリング機に供給するのが一般的ですが、パイプシュートを採用した事例もございます。
    フォーマーの製品コンベアから排出されたワークがパイプシュートで自動整列され、即ローリング機に供給されるので、異品混入のリスクがありません。
    te04-05former_line_thum
    ロータリーローリング機の回転方向は、ユーザー様のご要望に合わせて右回り、左回りのいずれにもフレキシブルに対応させて頂いております。
    te03-09rolling_way_thum
  • 機種 ねじ転造径
    (ɸmm)
    転造力
    (kN)
    ダイポケット高さ
    (mm)
    主軸回転数
    (rpm)
    ブランク長さ
    (mm)
    SSR-30 4~10 64 80 45~90 2d~80
    SSR-50D 10~16 147 80 30~60 2d~150
    SSR-70 12~22 157 75 20~40 2d~150
    SSR-100D 16~30 225 90 20~35 2d~250
    SSR-120 24~36 402 110 20~30 2d~300
    ※上記仕様は、予告なく変更することがあります。