SP(Scarring Prevention)ライン
フォーマーにより生産される部品は精密化が進み、ネットシェイプ化されることが多くなっています。
サカムラでは、成形後の製品の打痕傷を削減する「SPコンベア」を開発していますが、圧造部品のさらなる高精度化に対応するため、SPコンベア後の打痕対策にも配慮したSPラインを製品化しています。
ターンコンベア上は製品毎の仕切りが設けられており、製品同士の干渉を防止しています。
そして、ロータリーダンパーによって、製品は1個ずつ第2コンベアにソフトランディングされます。
技術情報: