VNCを利用した遠隔操作
VNC(Virtual Network Computing)とは、同一ネットワークにつながった他のコンピュータの画面を遠隔操作することのできるリモートデスクトップソフトウェアです。
このソフトを利用して、離れた場所からタッチパネル画面を確認したり、操作することができます。
VNCは、画面に描画されたデータだけを転送するので、WindowsやMacOSといった異なるOS間でも動作します。
VNCは、サーバソフト(操作される側)と、ビューワソフト(操作する側)の2つに分かれています。
タッチパネル画面の操作方法
  • 【必要条件】
    • 操作する側(PCやタブレット)と
      操作される側(タッチパネル)が
      同一のLAN上に あること。
    • 操作する側にビューワソフト、
      操作される側にサーバソフトが
      インストールされていること。
  • 【必要な作業】
    1. タッチパネルとPC(タブレット)
      それぞれのVNCソフトを起動する。
    2. PC(タブレット)でタッチパネルの
      IPアドレスを入力して接続する。
    技術情報: